• 安全な輸血療法と細胞療法を目指して

    免疫療法

     

     患者様自身の細胞を採取して、その細胞を癌細胞と戦える細胞に教育し、尚且つ数を増やして患者様の体に戻すことで、癌の発生や再発を防止する治療法を免疫療法と呼びます。

    当院で採取した患者様から採取した細胞を、細胞加工室と呼ばれるクリーンルームで数週間培養します。培養した細胞を安全・確実に患者様に戻すために、製剤の安全性確認検査(エンドトキシン検査とマイコプラズマ検査)を実施します。また、血液製剤の輸血と同じバーコードシステムを使用し、製剤の取り間違いが生じないような対策を行っています。

     

     

     

     

     

     

    γδ型T細胞療法

    治療対象疾患:膀胱癌、前立腺癌、卵巣癌

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    樹状細胞療法

    治療対象疾患:肝臓癌