• 安全な輸血療法と細胞療法を目指して

    血漿分画製剤とは?

     

    主にヒトの血液の血漿(液体成分)に含まれる、各成分をそれぞれ分離・精製して製品化したもので、日本赤十字社や各薬品会社がその調製を行っています。

    原料となる血漿は、その製品により異なりますが、血漿分画製剤を使用する前には、医療機関は患者様に原料血漿について説明する義務があります。

    当院では血漿分画製剤の使用前に、その製剤の必要性や副作用について患者様にご説明した上で必ず同意書を頂きます。殆どの製剤の原料血漿が人の血液(血漿)であるため、血液製剤と同じような副作用を引き起こす可能性があります。
    

     

    原料血漿の由来の種類

    • 国産で献血由来
    • 海外産で献血由来
    • 海外産で非献血*由来

    *献血は無償ですが、非献血は有償供血者から得られた血漿です。

     

    当院で取り扱っている血漿分画製剤の種類

    分類用途製剤名原産国由来
    人血清アルブミンアルブミンの喪失(熱傷、ネフローゼ症候群など)及びアルブミン合成低下(肝硬変症など)による低アルブミン血症。出血性ショック20%アルブミン日本献血
    5%アルブミン日本献血
    4.4%アルブミネート日本献血
    静注用人免疫グロブリン製剤低・無ガンマグロブリン血症、重症感染症において抗生物質との併用、特発性血小板減少性紫斑病、川崎病グロベニン-I 日本献血
    ヴェノグロブリン-IH 日本献血
    ベニロン-I 日本献血
    サングロポール ドイツ献血
    皮下注用人免疫グロブリン製剤低・無ガンマグロブリン血症ハイゼントラ4gドイツ・オーストリア・ポーランド献血
    米国・スイス非献血
    組織接着剤組織の接着・閉鎖タコシール米国・ドイツ・オーストリア非献血
    ボルヒール日本献血
    ベリプラスト米国・ドイツ・オーストリア非献血
    乾燥濃縮人アンチトロンビンⅢ製剤アンチトロンビンⅢ欠乏による血栓形成傾向、同低下を伴うDICノンスロン日本献血
    ノイアート日本献血
    アコアラン遺伝子組換え
    乾燥濃縮人第Ⅶ因子製剤先天性血友病患者のうち血液凝固第Ⅷ因子または第Ⅸ因子に対する抗体を持つ患者、後天性血友病、第Ⅶ因子欠乏症ノボセブン遺伝子組換え
    乾燥濃縮人第Ⅷ因子製剤第Ⅷ因子欠乏患者の出血傾向、同低下に伴う縫合不全・瘻孔,フォンビルブランド病患者のフォンビルブランド因子の補充による出血傾向コンファクトF 日本献血
    フィブロガミンP 米国・ドイツ・オーストリア非献血
    遺伝子組換え第Ⅷ因子製剤第Ⅷ因子欠乏患者の出血傾向コージネイトF 米国非献血
    アドベイト遺伝子組換え
    乾燥人血液凝固第Ⅸ因子複合体血液凝固第9因子欠乏の出血傾向の抑制PPSB-HT日本献血
    局所止血剤止血困難な小血管、毛細血管及び実質臓器からの出血トロンビン液 ウシ血液
    フィブリノゲン製剤先天性低フィブリノゲン血症の出血傾向フィブリノゲン日本献血
    乾燥抗D(Rho)人免疫グロブリンRhD陰性の妊婦に、D陽性の胎児を分娩した後に与えることにより、母体の抗D抗体産生を抑制抗D人免疫グロブリン米国非献血
    抗HBs人免疫グロブリンHBsAg(+)血液の汚染事故後のB型肝炎発症予防、新生児のB型肝炎予防ヘパトセーラ米国非献血
    乾燥HBグロブリン米国非献血
    ヘブスブリン静注用米国非献血
    乾燥抗破傷風人免疫グロブリン破傷風の発症予防ならびに発症後の症状軽減テタノブリン米国非献血
    アレルギー性疾患治療剤気管支喘息、アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎、アレルギー性皮膚炎ヒスタグロビン日本献血
    ヘモグロビン中和熱傷・火傷、輸血、体外循環下開心術などの溶血反応に伴うヘモグロビン血症、ヘモグロビン尿症ハプトグロビン日本献血