• 安全な輸血療法と細胞療法を目指して

    その他特殊業務

     

    腹水濾過濃縮再静注法

    腹水濾過濃縮再静注法(CART:Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy)とは肝硬変やがんなどによって貯まった腹水(又は胸水)を濾過濃縮して、アルブミンなどの有用なタンパク成分を回収し、患者様自身に投与する治療法です。

    当部で濾過濃縮した製剤を患者様に戻す前に、その製剤が安全かどうか安全性確認検査(エンドトキシン検査と遊離ヘモグロビン検査)を実施します。また、血液製剤の輸血と同じバーコードシステムを使用し、製剤の取り間違いが生じないような対策を行っています。

     

     

     

     

     

    自己PRP・トロンビン調製

    (現在この業務は休止中です)

     

     

     

     

     

    自己血清点眼液調製

    ドライアイ患者の治療に使用するため、患者様本人の血清を生理食塩液で4倍に希釈した点眼液を調製します。