• 安全な輸血療法と細胞療法を目指して

    ご挨拶

    輸血・細胞プロセシング部運営部長

    菅野 仁

    血液成分の不足があり、他に代替する治療法が無い場合に、足りなくなった血液成分を不足分だけ補うのが輸血療法です。当部では献血から製造される血液製剤を赤十字血液センターから取り寄せ、適切に管理すると共に、血液型・交差適合試験などの輸血検査を実施し、手術室・ICU・病棟に供給しています。アルブミン・免疫グロブリンなど、すべての血漿分画製剤の管理供給も行ない、特定生物由来製剤全般について、適正使用や医療安全を推進しています。

    また、当部では当院で治療を受ける患者さんから手術に使用する自己血採血を行います。造血細胞移植やがん免疫細胞療法を実施するための成分採血を行い、一部は細胞プロセシングセンター(CPC)で細胞成分の調製や活性化培養などを行います。

    さらに術中出血量抑制目的にクリオ製剤調製、輸血関連免疫学的副作用予防のために洗浄血小板調製、また難治性腹水に対する腹水濾過濃縮処理(CART)などの業務も実施しています。

    その他、先天性溶血性貧血、先天性赤血球形成異常性貧血(CDA)、先天性赤芽球癆(DBA)などの稀少疾患を対象にした、赤血球酵素・膜・ヘモグロビンの解析や遺伝子検査などを特殊検査室で実施しています。

    当部概要

    部署名輸血・細胞プロセシング部
    人員医師:3名
    非常勤講師:2名
    看護師:1名
    臨床検査技師:12名
    研究補助員:1名
    事務員:3名
    輸血管理料Ⅰ(輸血加算未取得)
    認定施設認定輸血医師研修施設
    認定輸血検査技師研修施設
    認定輸血看護師研修施設
    輸血機能評価(I&A)制度認定施設
    主な業務輸血用血液製剤供給
    輸血関連検査
    細胞療法製剤調製
    自己血採血
    アフェレーシス
    溶血性貧血精査

    平成29年業務実績

     

    血液製剤使用量  
    赤血球製剤 17,812 単位
    新鮮凍結血漿 18,442 単位
    濃厚血小板 30,017 単位
    アルブミン製剤 174,111.3 g
    グロブリン製剤 29,747 g
    その他10種の製剤 3,380
    細胞プロセシング業務量    
    末梢血幹細胞採取・凍結保存 44 (24) 件(患者数)
    γδ型T細胞免疫療法(採取・凍結保存)  21 (5)
    γδ型T細胞免疫療法(輸注)  23 (6)
    骨髄濃縮 3 (3)
    腹水・胸水濾過濃縮再静注法(CART) 66 (42)
    自己血清点眼液調製 1 (1)
    エンドトキシン検査  120 (56)
    マイコプラズマ検査 54
    クリオプレシピテート調製(回数)  40
    洗浄血小板調製 24
    検査実施件数  
    血液型ABO、Rho(D) 13,519
    不規則抗体スクリーニング 12,652
    直接抗グロブリン試験(DAT) 456
    間接抗グロブリン試験(IAT) 4,102
    交差適合試験 14,885
    抗A・抗B抗体価 668
    免疫学的検査(抗HLA抗体、抗血小板抗体、HLAタイピング) 159

    ご挨拶・当部概要